カナガンキャットフードなら食べるという口コミが多く

カナガンキャットフードを愛用されている方の口コミに、カナガンキャットフードなら食べるという内容が多かったです。
私が飼っている猫もそうなのですが、これまで色々なキャットフードを試して来ましたが必ずと言っていいほど残すのです。

それにゆっくり食べていて、仕方なく食べているようでした。

ですがカナガンキャットフードをあげてみたら、勢いよく美味しそうに全部食べたのです。
まぐれかと何度かあげてみたのですが、全部美味しそうに全て食べていました。

生まれつき食が細いと思っていたのですが、良いものは食べることに気付きました。
大きな発見です。

カナガンキャットフードの説明に獣医さんからのアドバイスがあり、良質なものをあげなくてはならないとありました。
それは猫はそもそも生肉を食べて来た歴史から、鮮度の低い肉を食べる習性がまだ備わっていないからだそうです。

また、猫はそもそも蛋白質からエネルギーを得ていて不可欠な栄養素だそうです。
驚いたのは人や犬よりも蛋白質を欲求する度合いが高いそうで、人に比較すると小さな体格なのに強く蛋白質を欲求するとは随分たくましいと思いました。

やはりライオンやトラなどと同じネコ類なのだと思いました。

それほど蛋白質を欲求しているなら、よほど良いものを与えなければならないのは頷けます。
それでカナガンキャットフードなら、美味しそうに全部食べたんだと納得しました。

質が良いことで有名ですし、栄養配合バランスも素晴らしいと口コミなどで多く評価が上がっていました。
食べ続けていると健康的になったとの評価も多く、良質な素材の為せる業ではないでしょうか。

また、獣医さんの説明に、食事の好き嫌いはそれまで食べて来たものによるともありました。
そもそも動物には好き嫌いはないそうです。

その点も驚きました。
ということは、私が与えてきたものが悪かったのだと反省しました。

更には穀物は、猫は本来必要ないようです。
そもそもは完全な肉食なのだそうです。

それで穀物を摂取すると、血糖値が上がりやすくなるなど色々な弊害があるかもしれないとのことなのです。
恐ろしくなりました。
食事は気をつけなければならないと、つくづく考えさせられた次第です。

 

穀物アレルギーで口コミからカナガンキャットフードに

飼い始めた猫に穀物アレルギーがあると判り、穀物不使用のキャットフードを探していました。

そんなものがあるのだろうかと不安でしたが、口コミで穀物完全不使用のカナガンキャットフードというキャットフードがあると投稿されていました。
穀物アレルギーがある猫の飼い主さんの間では有名なキャットフードのようで、イギリス最高級の穀物完全不使用キャットフードなのだそうです。

人工添加物も不使用で、全猫種、全ライフステージ対応なのだそうです。
まさに望んでいたキャットフードと思いました。
でもドライフードで、うちの猫はドライフードをあまり食べないのでどうかと思ったのですが、与えてみないとわからないと購入してみることにしました。

それで与えてみると初回から完食したのです。
良かったと思いました。

これでこれからの食事はカナガンキャットフードに決定です。
口コミにもドライフードが苦手な猫が食べたといくつか投稿があり、ドライフードを食べるかどうかはキャットフードによるのだと思いました。

また、口コミでカナガンキャットフードを食べるようになってから便秘が改善したとの投稿もあり、うちの猫も便秘気味なので効果を期待しています。
他にダイエット用にカナガンキャットフードを購入しているとの口コミもあり、肥満傾向にあるうちの猫にも効果があったらと思います。

他にもたくさんの口コミが投稿されていて、そんな情報がなければカナガンキャットフードは試さなかったと思います。
実体験を交えた投稿は説得力があって、大変参考になりました。

一時期は穀物を食べなかったら何を食べるのかとかなり不安になりましたが、良いものが見付かって良かったです。

ただうちの猫は食事に飽きやすく、これまでころころ食事を変えて来たので今回はどうかと思いましたが、現在の所その心配はなさそうです。
こんなに評判の良いキャットフードなのですから、このままこのペースで食べ続けて欲しいです。

 

カナガンドッグフード カナガンキャットフード公式サイト